FC2ブログ

記事一覧

洗濯機修理でわかる洗濯槽の汚れ!

こんにちは、ホームパートナーワカハラ(ワカハラデンカ)です。

昨日のドラム洗濯機の修理は洗濯槽を取り替えるかなり大掛かりな修理でした。

こんな感じ↓になるまで分解していきます。

2021051403.png

そして、お気づきでしょうか?洗濯槽の外側の汚れ!


交換して持ち帰ってきた洗濯槽を撮ってみました。

2021051407.jpg


洗濯槽ってこんなに汚れてるんですよ!

2021051408.jpg


でも、普段目にしてるのって内側だけですからここまで汚れてる

洗濯槽で衣類を洗ってるって思ってませんよね?


この洗濯槽の内側はキレイです↓。なので、油断しちゃってますよね。

2021051409.jpg


この洗濯槽を支えている部分もこんなに↓汚れてます。

2021051406.jpg


2021051411.jpg


交換した新しいものがコチラ↓。本来はこんなに真っ白だったんです。

2021051410.png


こういった汚れが「黒カビ」と呼ばれるものや洗剤カスなどです。

洗濯槽クリーナーで最低でも年に1回お手入れしていただいていれば

ここまで汚れてなかったと思います。


実は洗濯槽のゴムパッキンの部分もかなり黒ずんでしまっていました。

赤く丸で囲んだ部分です。わかるかな?

2021051405.png


写真をアップにすると↓。

2021051404.png


この汚れも今からでも洗濯槽クリーナーでお手入れして頂けば

かなりキレイになると思うのでやってくださいとお願いしてきました。


お客様は「11時間くらいかかるのが長すぎてやるタイミングがなかった・・・。」

とおっしゃられたそうですが、同じことを思ってできていない方多いのでは?



最近のドラム洗濯機は洗剤・柔軟剤が自動投入ですが、少し前の機種までは

引き出しの洗剤ケースに洗剤・柔軟剤を入れるタイプです。

その引き出しの奥も洗剤や柔軟剤が固まってしまってました。

下の写真の赤く囲んだ部分です。

2021051401.png


アップにすると↓。

2021051402.png


洗剤ケースは取り外せますので、時々は取り外して洗ってください。

そして、洗剤・柔軟剤の入れすぎにはご注意ください。



今回の修理はたまたまドラム洗濯機でしたが、タテ型洗濯機でも同じです。

タテ型洗濯機の方が乾燥機能がついていないものをお使いの方が多いので、

今回のお客様の洗濯槽よりもっと汚れていることが多いです。



これからのシーズンが一番カビが生えやすいので、長く快適に洗濯機を

ご使用頂くためにも洗濯槽や洗剤ケース等のお手入れをお願いします。



今なら、クーポンご利用で洗濯槽クリーナーもお買い得ですよ!


洗濯機のお手入れ等で何かご不明なことがありましたら

お気軽にご相談ください。







★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

ホームパートナーワカハラとお友達になってください!

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★


修理のご依頼や家電製品のご相談などお気軽にLINEください。

また、お役立ち情報やイベント情報などを定期的にお知らせさせて頂きます。

↓ ↓ ↓

友だち追加


登録をよろしくお願いいたします。






今日も読んで頂きありがとうございました。









コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ホームパートナーワカハラ

Author:ホームパートナーワカハラ
こんにちは。岐阜県北方町にある
パナソニックのでんきやさん、
ホームパートナーワカハラ
(ワカハラデンカ株式会社)です。
街のでんきやさんの日々の仕事や
店頭でのイベント情報などを
お伝えしていきたいと思ってます。